横浜港に覚醒剤230キロ…メキシコから161億円相当が密輸

横浜港に覚醒剤230キロ…メキシコから161億円相当が密輸 全国の税関が昨年に押収した密輸入の覚醒剤が、総量で1トンを超えたことが捜査関係者などへの取材でわかった。100キロを超える大型密輸の摘発が相次ぎ、財務省の統計によると、1トンを超えるのは1999年以来2度目となる。 昨年は2月に鹿児島市で約100キロ、5月に …

朝日新聞

横浜港に覚醒剤230キロ…メキシコから161億円相当が密輸

メキシコから横浜港に荷揚げされた金属製の筒計46本から覚醒剤計約230キロ(末端価格約161億円)が見つかり、横浜税関が押収していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川など4県警は、密輸に関わったとして、既に麻薬特例法違反の疑いでメキシコ …

サンケイスポーツ

160億円分の覚醒剤見つかる 大がかりな密輸組織関与か

末端の密売価格で、およそ160億円分に上る大量の覚醒剤が、横浜港に到着したコンテナ船の貨物の中から見つかっていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察や税関は大がかりな密輸組織が関わっていると見て実態解明を進めています。 続きを読む. 捜査関係 …

NHK

コンテナに覚醒剤230キロ、3人起訴…横浜港

神奈川県警などが、昨年7月にメキシコから横浜港に到着したコンテナから、覚醒剤約230キロ(末端価格約161億円)を押収していたことが捜査関係者への取材でわかった。 800万回分の使用量に相当する。全国の警察が昨年、密輸事件で押収した覚醒剤は上半期(1~6月) …

読売新聞

覚せい剤200キロ押収=横浜港コンテナ、外国人3人逮捕-神奈川県警

横浜港で昨年8月、輸入コンテナから覚せい剤約200キロが押収され、日本在住のブラジル国籍の40代の男ら外国人の男女3人が麻薬特例法違反容疑で神奈川県警に逮捕、起訴されていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。末端価格は140億円以上。

ジョルダンニュース!

覚醒剤230キロ 横浜港で押収

メキシコから横浜港に陸揚げされたコンテナから昨年、覚醒剤約230キロが見つかり、県警が麻薬特例法違反の疑いで、ともにメキシコ国籍で職業不詳の男(32)と女(34)の2人と、日系ブラジル人の男4人の計6容疑者を逮捕していたことが22日、捜査関係者への取材で …

ニフティニュース