いまだ癒えぬ「地下鉄サリン事件」の傷あと――フランス人作家が『MATSUMOTO』で描いた宗教とテロリズムとは

いまだ癒えぬ「地下鉄サリン事件」の傷あと――フランス人作家が『MATSUMOTO』で描いた宗教とテロリズムとは 13人が死亡し、6千人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件から、20日で22年となった。大きな被害が出た東京メトロの6駅の事務室には献花台が設けられた。職員2人が亡くなった霞ケ関駅(東京都千代田区)では、発生時刻に近い午前8時に駅員21人が黙 …

朝日新聞

地下鉄サリン事件から22年 東京メトロ霞ヶ関駅で慰霊式

オウム真理教による地下鉄サリン事件(1995年)から22年となった2017年3月20日、多くの死傷者が出た東京メトロ霞ヶ関駅(東京都千代田区)で慰霊式が開かれた。発生時刻に近い朝8時に職員らが黙とう。献花台が設けられ、関係者らが花を手向けていた。事件では、13人が …

J-CASTニュース

オウム真理教による事件

1989年11月、オウム真理教幹部らが、対立していた坂本堤弁護士が住む横浜市のアパートを襲い、一家3人を殺害した。94年6月には長野県松本市でサリンを散布し住民ら8人を死亡させた。94~95年には猛毒のVXを使い3人を死傷させる事件も起こした。95年3月20日、 …

西日本新聞

地下鉄サリン事件から22年、被害者らが集会

1995年にオウム真理教が地下鉄の車内でサリンをまき、13人が死亡、6千人以上が負傷した「地下鉄サリン事件」から20日で22年になるのを前に、被害者や遺族らが19日、東京都内で集会を開いた。駅助役だった夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が「近年、オウム真理教の …

livedoor

地下鉄サリン事件から22年、現場の霞ケ関駅では慰霊式

オウム真理教による地下鉄サリン事件から、20日で22年を迎え、現場となった東京メトロの霞ケ関駅では慰霊式が行われました。 東京メトロ日比谷線・霞ケ関駅では、事件発生とほぼ同時刻の午前8時に、駅員およそ20人が黙祷をささげました。 22年前の1995年3月20日に …

毎日放送

地下鉄サリン事件から22年 遺族らが風化防止訴え

オウム真理教による地下鉄サリン事件から22年を迎えるのを前に、遺族らが事件の風化防止を訴えました。 1995年3月20日、オウム真理教の信者らが東京都内の地下鉄で猛毒のサリンをまき、13人が死亡し、6200人以上が負傷しました。夫を亡くした高橋シズヱさんらは都内 …

テレビ朝日

地下鉄サリンから22年=犠牲者を追悼

6000人以上が死傷した地下鉄サリン事件から20日で22年となった。東京メトロ(旧営団地下鉄)は東京都千代田区の霞ケ関駅で慰霊式を開き、発生時刻の午前8時に社員21人が黙とう。犠牲者を追悼した。 【時事通信社】(2017-03-21). 前の記事 · 一覧 · 次の記事 …

シブヤ経済新聞

地下鉄サリン事件22年 思い出す「あの日」 遺族、風化に危機感

13人が死亡、6千人以上が重軽症を負った平成7年の地下鉄サリン事件から20日で22年となった。多くの死傷者を出した東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で夫、一正さん=当時(50)=を亡くした高橋シズヱさん(70)は、同駅で献花した後に取材に応じ「ここに来るとあの日 …

産経ニュース

地下鉄サリン事件から20日で22年、都内で集会

地下鉄サリン事件から20日で22年になるのを前に、集会が開かれました。 「事件を風化させない。こういう事件があったんだということを(若い世代など)皆さんにもう一度、考えていただきたい」(地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人の高橋シズヱさん) 「被害者と家族・遺族は …

エキサイトニュース

いまだ癒えぬ「地下鉄サリン事件」の傷あと――フランス人作家が『MATSUMOTO』で描いた宗教とテロリズムとは

1995年3月20日、この日付から世界初の化学兵器によるテロ事件「地下鉄サリン事件」を想起した人もいるだろう。逃げ場のない通勤ラッシュの地下鉄の車両内に猛毒のサリンガスが撒かれ、多くの死傷者を出した凶悪事件。事件の犯人は宗教団体として異質な存在感を放ってい …

ダ・ヴィンチニュース